テレビ離れが進んでいるという現代ですが、アニメーションの放送によりテレビを見る人は増えているように思います。

テレビが好きだと気付いた出来事

テレビが好きだと気付いた出来事

テレビ業界を支える日本のアニメーション。

昔はメディアが新聞かラジオ、テレビくらいしかない時代でした。特にテレビは映像と音声で楽しませてくれますから、子供からお年寄りまで皆で居間に集まって見ていたものです。しかし最近ではテレビでの表現の制限やインターネットの面白さが普及して、視聴率は低迷していると聞きます。これがニュースでよく聞く「テレビ離れ」です。若い人ほどテレビから離れていると言います。しかし、私は思うんです。若者こそがテレビを支えている、と。

そのきっかけとなるのが「アニメーション」です。アニメーション、通称アニメは昔から子供向けの番組として親しまれてきました。しかし平成に入ってからは視聴する年齢層が上がり、成人した大人でもアニメが好きだという方がぐんと増えてきています。それはアニメーション技術が高くなり、アクションや表情の変化なども細かく表現できるようになったからだと思います。迫力のある動きは大人でもかっこいいと思うものです。アクションは男性に人気がありますが、女性向けの作品も成人の方が好まれるものは多いです。かっこいい男性キャラクターが登場したり、少女漫画が原作の恋愛作品は自分がその世界に入り込んでいるかのように物語を楽しむことができます。

新着おすすめ

Copyright (C)2017テレビが好きだと気付いた出来事.All rights reserved.